天然素材を生かす

日本民藝館

日本民藝館は、「用の美」を美のひとつの基準とみなし、作品を通じてこれを伝えていこうとする美術館です。「用の美」とは使うことに忠実に作られたものに自ずと生ずる自然で暖かみのある美しさのことです。特に多くの一般の民衆が普段から用いるものの中に「用の美」が見い出されたため、このようなものづくり、民衆的工芸を縮めて民藝という言葉が日本民藝館の創立者柳宗悦らにより作られました。民藝という言葉は広く普及しましたが、同時に古くさいゆがんだ印象を持つようになってしまいました。しかし、使うという視点に立ったものづくりというのは、現代でも盛んに論じられている課題であり、美しさだけを目的としないことによって得られる美はむしろ新鮮なものです。
http://www.mingeikan.or.jp/

北大路魯山人資料室

魯山人は陶芸家としてのみならず、書に篆刻に絵画そして漆芸にとその活動は多岐にわたり、しかもそれぞれの分野で第一級の仕事を残した、近代美術史のなかでも異色の芸術家です。
また伝説的な料亭「星岡茶寮」を主宰して現代の会席料理、ひいてはわたしたちの食卓にまで影響を及ぼす、料理の世界にも革命を起こしています。
http://www.rosanjin.jp/